2016年産コシヒカリ(玄米)

販売価格 1,420円(税込)〜6,480円(税込)
購入数
2kg5kg10kg
重量

百菜劇場の田んぼはびわ湖につながる水郷地帯にあります。
肥沃な土と水に恵まれた土地で、農薬・化学肥料を使わないお米づくりをしています。
たくさんの生きものが暮らしている田んぼでじっくり育ったお米は、
しっかりとした香りと食感があり、噛むほどにおいしいです。

有機栽培 お米 稲穂

品種:こしひかり

粘りのあるしっかりとした食べごたえと甘みが特徴です。
日本で1番の作付量を誇り、おいしいお米の代名詞となっていますが、
同じこしひかりでも産地や栽培方法によって微妙な違いがあります。
百菜劇場のこしひかりは、湖のほとりの粘土質土壌によって育まれた、モチモチ感と甘みのつよいお米です。

*品種:秋の詩のご注文はこちら>
*白米・分づき米のご注文はこちら>

分づき米
左から、白米・7分づき米・5分づき米・玄米

栽培のこだわり

〜農薬を使わない工夫〜
お米は日本の気候風土に適した作物です。
自然に沿った栽培を心がければ、病害虫に対する農薬は使わなくても育ちます。
農薬を使わないお米づくりの要は、雑草をいかに抑えるか、ということです。
稲が雑草に負けてしまうと収穫が大幅に減少し、ひいては農業を続けていけるだけの収入が得られなく
なってしまうため、多くの生産者は除草のために農薬を使用します。

百菜劇場では、雑草が生えにくい環境を整えるために、さまざまな工夫をしています。
・秋〜冬の間、田んぼを2〜3回耕す
・ほかの田んぼと比べて早く水をはり、代かきを2〜3回行う
・水を深く保つ
・田植えと同時に、田んぼの表層にオカラをまき、雑草の発芽を抑える
・田植えから1週間おきにチェーン除草を3回ほど行い、雑草の活着を妨げる
これらの工夫を行っても生えてきた雑草は、田車除草器ですき込んだり、手で取ったりしています。

〜使っている肥料〜
百菜劇場では、信頼する肥料屋さんがつくっている、安心安全な有機質肥料を使っています。
滋賀県内の魚屋さんから出る魚のアラと豆腐屋さんから出るオカラからできた肥料です。
また、米ぬかや里山から出る竹粉などもあわせて使っています。
地域の資源を有効に土へ還す、循環型のお米づくりを目指しています。

田んぼの風景

百菜劇場の田んぼはびわ湖の内湖・北之庄沢に面しています。水を張った田んぼはまるで湖の一部のようです。
雑草を生えにくくするため、代かきは入念に何度も行い、平らになった田んぼは鏡のように空を映し出します。

無農薬田んぼ田んぼの生きもの

朝、田んぼに行くと、いろいろな鳥や動物の足跡がついています。
百菜劇場の田んぼでは、環境省レッドリストの準絶滅危惧種に指定されているコオイムシ、
滋賀県レッドデータブックの要注目種に指定されているドジョウ,トノサマガエル,ニホンアカガエルが
確認されています。

出穂有機栽培 お米

7月の下旬〜8月の上旬にかけて、稲が「出穂(しゅっすい)期」を迎えます。
お米づくりでは稲の生育状態のことを、人間の成長と同じように表現する習慣があります。
穂が出る前に稲がどんどんふくらんでいく時期を「穂ばらみ期」、
稲穂の赤ちゃんのことを「幼穂(ようすい)」と言います。

水郷と田んぼ

集落のおじいさんは、出穂前の田んぼを見て「はらんできたなぁ」、
生育の早い田んぼを見て「稲が急いどる」と言います。
収穫前の稲穂が垂れた田んぼを見て「田面(たづら)がきれいやなぁ」と、まるで人のお顔のように
話していたこともあります。農家として、科学的理解に基づいた栽培を心がけるとともに、
こういった温かみのある、田んぼとの付き合い方を忘れないでいたいです。

有機栽培 稲穂有機栽培 田おこし

収穫のあと、すぐに来年のお米づくりに向けての土づくりがはじまります。
冬の間、田んぼに魚粉や米ぬかをまいて少なくても2回は田んぼを耕し、土の中の微生物を増やします。

たくさんの生きものとともに育ったお米、ぜひ食べていただきたいです!

新米農家・廣部里美
重量
2kg5kg10kg

このページのトップへもどる